ケノンは家庭用脱毛器の中でも一番評価が高い?

ぶっちゃけてケノンは家庭用脱毛器の中での評価はどのくらいなの?家庭用脱毛器の購入を検討してる人ならケノンを購入候補の一つに入れる人が多いと思います。楽天の家庭用脱毛器ランキングの中でもずっと売れ筋1位の脱毛器ですから気になっている人は多いと思います。ただネットではいい口コミもあれば悪い口コミもあるのは事実。

 

実際のところケノンはどうなのか知りたい方が多いとおもって実際のところはどうなのかご紹介しようと思いこのサイトを作りました。家庭用脱毛器は値段も決して安くはありません。

 

だから家庭用脱毛器の購入は失敗や後悔はしたくないと誰もが思っていると思います。ですので私が人柱になってケノンの実際のところはどうなの?と思っている方にケノンの真実を知ってもらえたらと思います。ケノンの情報を中心に色々な家庭用脱毛器の情報もご紹介していきます。

現時点で私が実際に利用してみて満足いく脱毛ができた家庭用脱毛器をランキングにしましたので是非チェックして下さい!

 

ケノン

今発売されている脱毛器の中で一番売れているのがこの「ケノン」です。モデルさんが多く在籍している芸能事務所でもこのケノンを配布しているとか!

 

脱毛効果、使いやすさ、ランキングコストなどをすべてひっくるめて一番良いのがこのケノンです。値段は高いものの月々3,000円から分割払いができるのでお金のない人でもすぐに自宅で脱毛をすることができます。

 

これを使ってからワキの処理から解放されて本当に最高です。家庭用脱毛器を買おうかどうか迷っているならまず買って損はありません。オススメです!

 

 

トリア

家庭用脱毛器の多くはフラッシュ脱毛ですがトリアはフラッシュではなくレーザー脱毛です。フラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方が強力で毛深い気になる部分もしっかり脱毛することができます。

 

効果は高いものの照射面が少なく痛みも強い為今回は2位とさせて頂きました。脱毛したい範囲が狭い人や多少痛みがあってもしっかり脱毛したいという方にはオススメできる家庭用脱毛器です。

 

 

エピレタ

アイリスオーヤマがネット限定で発売している家庭用脱毛器がこの「エピレタ」です。カートリッジ一つで15万回の照射が非常に経済的です。

 

値段も比較的家庭用脱毛器のなかでは安く買い求めやすいです。また人気読者モデルやなどが使っていたり人気ユーチューバーにも紹介されたりで若い世代に注目されている家庭用脱毛器です。

 

痛みも少ないですがケノンと比較してみましたがケノンの方が脱毛効果が強かったためこちらは3位とさせて頂きました。

 

 


ケノンの使い方

脱毛器ケノンの使い方をご紹介していきます。ケノンを効果的に使うためにはまず照射1〜2日前からしっかりカミソリやボディシェーバーを使い剃毛処理をする必要があります。また照射前にはきちんと処理する部分は冷却をする必要があります。冷却をしないと部位によっては痛みを伴います。また乾燥肌気味の方は必ず照射後は保湿ローションを使い保湿することが大切です。また照射頻度ですが良く脱毛サロンでは1〜2ヶ月に1度という話を聞きますがケノンに関してはこれは意識する必要はありません。

 

コストも安く自分のペースで脱毛できるのが家庭用脱毛器ケノンのメリットでもあります。私の場合ですが1週間に1回程度のペースでもちろん肌の様子も見ながら照射頻度を調整して良いと思います。ケノンの公式サイトでも2週間に1回の照射を推奨しています。


ケノンを背中に使う場合

背中に使う場合はなかなか自分でやると見えづらく手が届きづらいです。この場合は家族などに頼むしかないと思います。自分1人でやるのはかなり難易度が高いです。絶対に無理はないですが姿見を見ながらやることになるので慣れが必要となります。

 

またホクロなどの黒い部分は白い小さなシールを貼っておくと良いでしょう。ショットのレベルはいきなり強いレベルにせずに徐々にレベルを上げていくと良いでしょう。私はレベル5シングルショットがちょうど良いと感じました。照射が重なると肌に余計な負担を掛けてしまいますのでその点は注意してくださいね。慣れは必要ではありますがカミソリなどで処理するよりもケノンだと照射範囲も非常に広いので処理が非常に早く終わります。


ケノンは顔に使うことも可能

脱毛器ケノンは顔にも使うことができます。美顔用カートリッジがついていますが脱毛でも十分に使えます。顔の産毛でも強力なフラッシュ光で他の産毛と同様に脱毛が可能となっています。

 

使うカートリッジはスリムカートリッジを使うと照射がしやすいです。顔脱毛を行う際の注意点としてはクリーニングをしっかり行う、付属のサングラスを必ず使用する、目の回りの照射をしない、唇への照射をしない、濃いシミとホクロは白いシールなどで隠すなどの注意が必要なります。また他の部位に比べて痛みが感じやすいので照射前は十分な冷却を行いましょう。痛みを感じやすい人は特に入念に冷却を行うことが大切になります。


ケノンはレベルの調整で毛の量を調節できます

つるつる脱毛をしたい部位とそうでなく少し毛の量を減らしたい部位というのがあると思います。例えばVIOラインなどはツルツルになるまで脱毛すると社員旅行などでお風呂の時に少し恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。外国人の方の中ではツルツルにしてしまうのが常識なところもありますが日本ではあまり馴染んでない習慣なのでほとんどの方は脱毛をしても少し整える、量を減らすといった感じでしょう。

 

ケノンの場合はレベルが10段階あります。完全にツルツルにしたくない場合は低いレベルから照射を始めて様子を見ながら脱毛をしていくことで自分の好みに合わせた仕上がりができます。まちがってもいきなりレベル10で脱毛をしたりしないようにして下さい。かなり痛い上にそれでアンダーヘアを脱毛したら痛すぎて本当に大変です(汗)とはいってもある程度出力レベルをあげても保冷剤などで冷やしてから脱毛をするのでケノンで痛みなどを心配される場合はその点は全く心配はいりません。

 


更新履歴